FC2ブログ

blogaomu2.1はこの度、http://blogaomu.comに引っ越しました。最新の更新はblogaomu.comにて行なっておりますので、ブックマーク・RSS等の設定をお願い致します。

MSによるブラウザ選択画面の提供開始(in EU)について

帰宅途中に電車の中でmovatwitterを見てたら、@firefox のツイートで気になるものがありました。
"Millions of European consumers will benefit from this decision" says EU official http://bit.ly/bMS3lm #opentochoice via @opentochoice

この決定ってなんだろうと思いURLをクリックしたら、
英文の長文記事だったのでサラッと読んで家に帰ってゆっくり読むことにしました。

何があったのかというと、
MicrosoftがヨーロッパのWindowsユーザーに対してブラウザ選択画面を提供し始める
とのことなのです。

ここからは、元記事となったtelegraph.co.ukの記事の要約を載せていきます。(筆者の拙い訳文でお送りしますw)
記事の概要:
Microsoftは欧州委員会との決定の一部として、
ヨーロッパの一部のWindowsユーザーに対してwebブラウザ選択画面を提供し始めようとしている。


「ブラウザバロット」(筆者注:webブラウザ選択画面の名称か?)とはMicrosoftによる措置で、
Windowsユーザーが、Internet Explorer(以下IE)の代わりとなるwebブラウザを選びやすくするためのものである。
来週にわたって、イギリス、フランスそしてベルギーのWindowsユーザーに対してこのサービスのテスト運用を行う。

このwebブラウザ選択画面は、
IE以外のシェアの高いwebブラウザ(Firefox、Opera、Safari、Chrome)がIEと並んでリストされている。
この5つのwebブラウザはランダムな順番で表示され、
ユーザーはボタンをクリックすれば、どのwebブラウザでもインストールでき、
またそれぞれのwebブラウザに関する詳しい情報を見ることもできるようになる。
この機能は、Windowsの自動更新サービスで提供される。

この措置は昨年12月にMicrosoft社が欧州委員会と結んだ決定の一部である。
(注:WindowsにIEをバンドルする行為がEUの独占禁止法に違反。
   その解決策として、このブラウザ選択画面が採用されることになった。
   詳しくは(Cnet Japan)
   http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20408983,00.htm

EU competition commissionerのNeelie Kroesは以下のように話している。
「ヨーロッパの多数の消費者はwebブラウザを自由に選べることによって利益を得るでしょう。」

3月1日からヨーロッパ30ヵ国でこのサービスが始まる。

Mozilla Foundation チーフ・エグゼクティブのJohn Lillyは、以下のように話している。
「webブラウザを選ぶことは大切な選択なのです。
 なぜなら、webブラウザは私たちの生活にとって、無くてはならない信頼された関係になってきているからです。
 webブラウザはバーチャルな世界を覗くためのレンズであり、
 私たちが繋がり、学び、共有し、コラボレートするための媒体でもあるのです。
 あなたが選んだwebブラウザには、あなたのオンラインライフを管理する仕組み、
 そしてあなたのプライバシーやセキュリティを守る仕組みを提供する責任があります。」

というわけで、Windowsユーザーに対してwebブラウザの選択度を高める仕組みを提供するんですね。
私の友人の多くはWindowsユーザーなのですが、やはりIEを使っている人が多いです。
(もちろんFirefoxやSafariなど使ってる人もいますよ)
Windowsをインストールすれば(というかインストールされたPCを購入すれば)
最初からwebブラウザとしてIEが入っています。
ですから、これを使う人が多いのは当然で、使い続ける人もある程度多いのだと思います。

ただ、他のブラウザを使ってみるとそれぞれの良さみたいなものがあると思うんですよ。
FirefoxやChromeは豊富な拡張機能があったり、Safariは描画速度が速かったりします。
(詳しい特徴は他の方に任せることにして・・・^^;)
そこで、webブラウザをいろいろかじってみて、
より自分の使いやすいものを選ぶことは有意義だと思います。
使い勝手がいいと、作業効率も上がりますからね。

冒頭に引用した「消費者(=ユーザー)の利益になる」っていうのは、
適切なwebブラウザを選択することで、作業効率が上がる、セキュリティを守る率が上がる
ということではないかと思います。

みなさんも、自分に合ったwebブラウザを探してみてはいかがでしょうか?
(私は、職場ではFirefox、家ではChromeを使ってます。)
スポンサーサイト



シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKAyuki_atkwsk

お知らせ
最新記事
最新記事のRSSフィード

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグクラウド
月別アーカイブ
ブクログ
携帯百景