FC2ブログ

blogaomu2.1はこの度、http://blogaomu.comに引っ越しました。最新の更新はblogaomu.comにて行なっておりますので、ブックマーク・RSS等の設定をお願い致します。

クーリエ・ジャポン レビュー後書き

前回の記事で「クーリエ・ジャポン3月号気になった記事」と題して私なりに感じたことを書かせていただきました。
レビューを書き終わってみて感じたことがあったので、メモ程度に書こうと思います。
今回のレビューを書いたポイントと次回意識したいポイントについて。


今回のレビューについて
今回は初めてレビュープラスさんのレビューコンテストに参加したということもあり、
「締切が迫った中で如何にして自分の感じたことを伝えるか」
ということに意識を持っていったような気がします。
いや、後付けかなという気もしますが、ちょっとは考えていたと思ってます。

クーリエ・ジャポンの記事は大きく分類すると、だいたい以下のようなパートに分かれると考えています。

特集、World News Headline、世界が見たNIPPON、
第2特集、旅の記事(COURRiER VOYAGE)、連載記事


どのパートも、刺激的というか新たな発見をさせてくれる記事が多いので、
本当は7割ぐらいの記事について感想を書いていきたいぐらいです。

しかし、本当に7割ぐらいの記事について感想を書くとなると、
まず、書く方がしんどいです
仮に、細かいパートが20あるとしたら14の記事について書かなければなりません。
そうすると、私の場合3行くらいにまとめないと書き切れなくなります。
ちょっと掘り下げてみるってことが時間的に難しくなります。

次に、読む方もしんどいです
たくさん意見を羅列していることで、「何が言いたいねん」って感じるのではないでしょうか。
単純に文量が多くなりがちなので、読むのが大変。またはスクロールが面倒くさい・・・。

以上のことが考えられるので、特に気になった記事だけに絞って書くようにしました
今回の例だと、

特集記事:大体の人が読むだろうから興味をもってくれそう。
インドのITインフラ整備:アジア+ITのお話だったので興味あった。
東アジア共同体:アジアに興味あるから。というかASEANの予備知識があったから書きやすかった。
インドのネット事情:googleのお話+文化のお話だったので興味があった。


本当はミシュラン調査員の記事や、ドイツの太陽発電の記事、旅の記事のことも書きたかったんですよ。
ただ、特集記事以外はアジアというテーマで統一化できるかなあと思って今回の選択となりました。


次回以降のレビューについて
今後クーリエ・ジャポンのレビューを書く際に考えたいことは、
取り上げる記事を如何にして過去の日本・今の日本・将来の日本と結びつけるか
ということです。

「歴史は繰り返す」という言葉があるように、
他の地域で起きている事件、現象というのが、自分の地域でも起こるというのは珍しくありません。
他の地域で起きていることを分析して、
「日本だったらどうなるのか」
ということを考えるのは有意義なことだと思います。
ここで考えたことは、後々その事象が起きたときの判断材料にもなりますからね。


ちょっと小難しい話になってしまいました。
この記事を書いている途中に気がついたのですが、
レビューを書く際に考えたいことっていうのは、実は読む際に考えることなんですよね。
そういう視点でクーリエ・ジャポン読んでみると感じ方も変わってくるのかな~。
というわけで、来月号はちょっとこの辺の話を意識しながら読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKAyuki_atkwsk

お知らせ
最新記事
最新記事のRSSフィード

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグクラウド
月別アーカイブ
ブクログ
携帯百景