blogaomu2.1はこの度、http://blogaomu.comに引っ越しました。最新の更新はblogaomu.comにて行なっておりますので、ブックマーク・RSS等の設定をお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[PHP]header関数でリダイレクトさせる

こんにちは。実はPHPについてのエントリー書くのは初めてです!
今回はPHPのheader関数を使ったリダイレクトの方法についてメモしておきます。

参考)PHP: header - Manual

header() は、生の HTTP ヘッダを送信するために使用されます。

リダイレクトさせるHTTPヘッダはLocationになります。
Location: http://example.com
参考)[Studying HTTP] HTTP Header Fields

ということでheader関数を使うとこうなります。
header('Location: http://example.com');
ここで注意したいのは、単純にこのコードを実行するとステータスコードに302が返ってくることです。

2 番目の特別なヘッダは、"Location:" ヘッダです。このヘッダがブラウザに返されるだけではなく、 ブラウザに REDIRECT (302) ステータスコードを返します (201 や 3xx ステータスコードが既に送信されていない場合にのみ)。

サイト移転でリダイレクトさせたい場合には301 Moved Permanentlyを返すのですが、その場合はこうなります。
header('HTTP/1.1 301 Moved Permanently');
header('Location: http://example.com');
これでサイト移転のリダイレクトにも対応できます。
参考)サイト移転時の301リダイレクト処理の具体例:phpspot開発日誌
スポンサーサイト

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

TAKAyuki_atkwsk

お知らせ
最新記事
最新記事のRSSフィード

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグクラウド
月別アーカイブ
ブクログ
携帯百景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。