FC2ブログ

blogaomu2.1はこの度、http://blogaomu.comに引っ越しました。最新の更新はblogaomu.comにて行なっておりますので、ブックマーク・RSS等の設定をお願い致します。

My first RubyKaigi

DSC_0218_.jpg
こんにちは。
2011年7月16日~18日にかけて開催されたRubyKaigi 2011に行ってきたのでそこで感じたことをつらつら書いていこうと思います。ちなみに参加したのは7月17日の1日だけでした。もっと参加したかったのですが、あいにく予定が入っていたので。

はじめに

私は仕事では主にPHPを使い、帰宅してからRubyを触っているRuby beginnerです。では、そんな私がなぜRubyKaigiに参加しようと思ったのか?それは、1)プログラマの集まりに行ってみたかった、2)大規模なので紛れても問題なさそうだった、3)RubyKaigiが今年で最後、という理由です。

今までカンファレンスはもとより勉強会にすら行ったことがなく(お恥ずかしい限りですが・・・)、職場外のプログラマ達との交流は殆ど無かったのです。今年こそは外に出るぞと思っていたところ、RubyKaigiが今年も開かれるよ、というのを知り、行ってみようと思ったのです。

正直なところ、「talks聞いてもついていけるかな」という心配はあったのですが、それは聞いてから考えることにしました。

I was in RubyKaigi

DSC_0203.jpg
DSC_0204.jpg
日本各地、世界各地からRubyistが集結してますね。私も貼っておきました。

で、私はほぼ大ホールにいました。聴いたのは以下のtalks.
  • 安全なプログラムの作り方
  • jpmobileのベストプラクティス
  • たのしいRails
  • Rubyマスターへの道
  • BDD style Unit Testing
  • 5 years know-how of RSpec driven Rails app. development.
  • Efficient JavaScript integration testing with Ruby and V8 engine.
  • Advancing Net::HTTP
  • The gate
  • LTs
!RubyKaigiも面白そうだなあと思ったのですが、残念ながらシャイな部分が出てしまったので行かずじまい。小ホールも行かずじまいでした・・・。
私が聴いてた中で印象に残ったものを書きだしてみます。

@a_matsuda たのしいRailsより。Social coderになろうぜ!っていう話。ネットワークの向こう側にいる人たちとコミニュケーションを取るっていう考え方にはハッとさせられた。Use English! Share codes!

Rubyマスターへの道より。美しいコードを書こう。Rubyらしいコードを書こう。読みやすいコードを書こう。outputしよう(ブログ、発表、github)。プログラマは「動いた!」っていうのが幸せだよね!

@kakutani The gateより。RubyKaigiに参加してるHackerはみんな楽しそうだなあ。Rubyは会社を変えるんじゃなくて、Rubyを使う人の考え方を変えるんですよ。同僚と仕事する時には楽しく仕事をするっていうのが大事!Timeless way of programming!
DSC_0206.jpg

技術的な話もメモってあるのですが、グッときたのはどっちかと言えばRubyistの考え方の話でした。

おわりに

DSC_0207.jpg
Lightning talks speakers.

いや、なんかもう楽しかったですよ。それは色んな人の話を聞けたっていうのもあるし、新しい考え方を知ることができたし、それ以上に会場の雰囲気が良かった。みんな楽しそうだったよ!RubyとRubyistは楽しいんだな、っていうのが伝わってきました。
これからもRubyのコードを書いて楽しくハッピーになりたいものです。(むしろ、私の場合はこれからがスタート!)また、それが自分だけでなく他の人達もハッピーになれたらいいな。2年後、2013年(=Ruby誕生20周年)には自分とRubyがどうなっているのか楽しみです。
スポンサーサイト



シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKAyuki_atkwsk

お知らせ
最新記事
最新記事のRSSフィード

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグクラウド
月別アーカイブ
ブクログ
携帯百景