FC2ブログ

blogaomu2.1はこの度、http://blogaomu.comに引っ越しました。最新の更新はblogaomu.comにて行なっておりますので、ブックマーク・RSS等の設定をお願い致します。

[読書]アイデアは考えるな。

面白法人カヤックの柳澤大輔さんが書いた『アイデアは考えるな。』を読みました。気づいたことなどを箇条書きにしてみます。引用部分は太文字にしておきます。
  • アイデアは既存の要素の新しい組み合わせに過ぎない。
  • 悩まずに、まず乗っかろう。
  • ノウハウさえ身につければ仕事を面白がることができる。
  • 実は内容の半分以上はアイデアを生み出す方法論というよりも楽しく生きるtips。
  • 楽しくしてるといい循環になる。
  • 仕事が楽しいと言っている友人は、こういう思考をしてるんだなと感じた。
  • すごいアイデアをだそうとするからアイデアが浮かばない状態になる。
  • 突飛なアイデアでもアウトプットしてみる。
  • アイデアを吟味するのはたくさんアイデアを出してからにする。
  • ブレインストーミングって面白いらしい。
  • 悩む前に行動する。
  • 仕事がつまらないと言っている友人に読ませてやりたい。
  • アイデアを出せる術を知っていれば困ったときに選択肢が広がる。
  • 与えることはクリエィティブ。
心に残ったフレーズ、思ったことをつらつら書きました。そもそもなぜこの本を読もうと思ったのか。それは、たまたま見つけたエントリー、まだアイデアとか考えてるの? | 夢見る読書を読んだのがきっかけ。なんか面白そうな本だなあ、と思ったので読んでみました。あとは、エントリーのネタとかアプリのネタを考えることが最近多くて、どうやったらネタを思いつくことができるだろうとモヤモヤしていたタイミングだったのもきっかけ。

私は年をとるごとに、固定観念が邪魔して「食わず嫌い」をすることが多くなってきた気がします。人に勧められても自分が「面白くないだろう」と感じたらそれを体験しない、ということはありがちなことです。しかし、そういうものにこそアイデアを膨らませるチャンスがあると思うし、人生が面白くなるヒントがあるのかもしれません。

そんなことを思った本でした。

スポンサーサイト



シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKAyuki_atkwsk

お知らせ
最新記事
最新記事のRSSフィード

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグクラウド
月別アーカイブ
ブクログ
携帯百景