FC2ブログ

blogaomu2.1はこの度、http://blogaomu.comに引っ越しました。最新の更新はblogaomu.comにて行なっておりますので、ブックマーク・RSS等の設定をお願い致します。

アラビア文字で名前を書いてもらった

今日の昼間に東京国際フォーラムで開催されていたマルシェ・ド・ノエル2010に行ってきました。友人と建物の中で待ち合わせていたところ、オマーンの特集ブースがあったのでちょっと覗いてみました。
(以下、マルシェ・ド・ノエル2010とは無関係なのであしからず・・・)

すると、「あなたの名前をアラビア書道で書いてもらおう(無料)」というコーナーがあったので、友人と共に書いてもらいましたよ。

SN3D10518.jpg
アラビア文字でtakayukiと書いてもらいました。

普通のアラビア文字とはフォントが違う気がしますが、これはいわゆるアラビア書道とかカリグラフィーとか呼ばれるものです。装飾的な字体を使い、一種の模様にも見えるのがこの書法の特徴だと思います。

さて、これをどうやって書いているのかというと、竹で作られたペンの先にインクを付けて書いているのです。2種類のインクを使い分けながら書いていて、今回は黒っぽい色とワインレッドのような色のインクを使っていました。

ペンは例えるなら彫刻刀の切り出し刀のような形状をしていました。ですから、使い方によっては細い線でも太い線でも書くことができるのです。また、東アジアの書道の筆とは違い、ペン先が硬くなっているので、表面がつるつるした紙を使わないと非常に書きにくいと聞きました。

いやあカッコいいですよね。欧米人が漢字をカッコいいって思うのと似たような感覚なのかなと思いました。アラビア文字で自分の名前を書いてもらうという機会は滅多にないので、待ち合わせの時間を有意義に過ごせて良かったです。
スポンサーサイト



シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

金沢弁について

普段、無意識に金沢弁を使うことがあるのですが、
(注:私の故郷は石川県金沢市)
ただ自分が知っているのは実はほんの一握りにすぎなくて、もっと多くの語彙があるみたいです。

金沢の方言(金沢弁) in金沢市ホームページ
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11104/hougen/index.html

たまたま見つけたページで思わず中をのぞいてしまいました(笑)

特徴的な語尾はよく使うんですが、名詞や動詞となると使わない単語や、
聞いたことのない単語もありました。
やはり、若い人や私のように両親がもともと金沢人でない人にとっては、
金沢弁が薄れてきているのかもしれません。
それと、県外に住むことも、
周りに金沢弁話者が少ないために金沢弁が薄れる要因の一つになるでしょう。

無理しないで(自然な形で)金沢弁を自分の中で残せて行けたらいいなと思います。

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が故郷の方言について考えてみた

どうも、お久しぶりです。GAOMUです。

ふと思いついたことでも書いてみようと思います。


まあ、私の出身は石川県の金沢という所なんですが、
いわゆる方言が存在してます。
「金沢弁」ですね。
(「石川弁」っていうんかな???分かる人教えて)


これは地元では知っている人が多いとおもいますが、
「ねじねーじ」ってどういう意味か分かりますか?

続きを読む

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常の会話@病院

またまた久しぶりの更新。

うーん、1ヶ月も放置していたとは・・・。
もうちょいペースを上げたいなあ。


というわけで、今日はお医者さんに行ったときのお話。

続きを読む

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

教科書でよくある場面

こんなとき、あなたはどうする?

**********

「スイマセン、…」

話しかけてきたのは、見た感じ明らかに中東系の男性。日本語はあまり上手くなさそう…。
手には地図を持っており、道を聞いているようです。

さて、あなたならこの後どうしますか…?

①日本語でどうにか説明する
②英語で説明してみる
③分からんふりをする
④そそくさとその場を離れる


オレの場合は①ですね。
道案内だと日本語+身振り手振りで案外分かってくれそうじゃない。最悪の場合、地図というツールもあるし。
あと、英語で話そうとすると中国語が頭に浮かんできて、両者の頭の中はカオスになりかねない…。(これは個人的な理由ですね)

今日駅のホームで電車を待ってたら、まさにこのシチュエーションになって、オレは日本語で対応しました。
そしたらなぜかオレがカタコトでしゃべってた(笑)分かりやすく言おうとしたら、単語の羅列みたいになってたね。
結果的に相手は理解したみたいで「アリガト」とお礼をしてました。

なんか良いことしたなあ、とすがすがしい気分になりました。
あと思ったのは、こういう場面でも動じずに割と冷静に対応できたのは、外語大にいたおかげなのかなぁ。
タイトルを紐付けると、外国語で道を聞くことに重点が置かれがちやけど、道を聞かれてどう答えるかってあまり意識して学ばないよね。

久しぶりに言葉を意識した出来事でした。

シェアはこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

TAKAyuki_atkwsk

お知らせ
最新記事
最新記事のRSSフィード

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
タグクラウド
月別アーカイブ
ブクログ
携帯百景